MOS-EXCELで帳票作成・データ管理・データ分析の証明!

就職活動に必須”できる”証明、として、「Microsoft社のエクセル」 の習熟度を「Microsoft社の公認の認定試験」で証明するMOS資格を取得して履歴書に書きましょう。

■MOSスペシャリスト:一般的な実務対応スキルの証明
■MOSエキスパート:より高度で、広範囲な実務スキルの証明

※MOSエキスパートバージョン2013に関しましては、part1・part2の両方に合格して認定されます。

 MOS Excel 2010・2013・2016

 

一般的な帳票作成・数式・関数による効率化されたデータ管理、グラフによるデータの見える化、これにより日々の業務を積み重ねるだけで、多角的な数値データの活用が可能となるExcelは従来より実務で広範囲に活用されていました。
このExcelのスキルをアピールするのに効果的な資格になります。

「Excelが使えます」から、ビジネスシーンで効率よく実務と連動して活用できる経験を習得できます。Excelを使いこなすことで、状況を的確に把握し、考える時間を作り、次のステップへの戦略へとつなげる土台作りをすることができます。


※現在2010・2013・2016が一般的に普及ていると考えられるため2010・2013・2016での取得をお勧めします。

 MOS資格試験範囲について

 

2010・2013・2016のMOS資格は

  • 基礎範囲のスペシャリスト
  • 応用範囲の エキスパート

との2段階構成になります。

一般的なOfficeのスキルをアピールするのであれば「スペシャリスト」の取得で大丈夫だと思います。

※MOSエキスパート2013Excelに関しましては、part1・part2の両方に合格して認定されます。

 MOS Excel 2010・2013・2016 講習期間
  • 目安の受講期間 2ケ月
  • 受講時間 18~24時間
 概要

 

・Excelの基礎的な知識、操作・数式・関数・帳票作成に関する総合証明になります。
また、データを多角的に分析するグラフ・データベース機能も網羅しています。
さらに、シート同士の連携機能の習熟を証明することはエクセルの活用能力を高く証明することになります。

特長

 

・合格を目指してテキストを進めていきます。
・テキスト同梱の模擬試験問題を繰り返しこなすことで、機能習熟度を上げていきます。
・資格を目指しますが、同時進行で実務に応用できるように課題をこなします。

目次

・スキル1 データとコンテンツの作成
・スキル2 データとコンテンツの書式設定
・スキル3 ブックの管理
・スキル4 データの分析
・スキル5 グループ作業